So-net無料ブログ作成
検索選択

コンピレーションCD「こどもたちへ贈る沖縄の歌① 花」 [沖縄民謡&ポップス]

あいかわらずの不定期更新で申し訳ありませんm(_ _)m。
本日は、担当Mが選曲からパッケージまでかかわりました(!)CDを紹介したいと思います。2枚のシリーズでして、前編・後編に分けてご紹介させていただきます。

--

民謡や独自のポップスなど独特で深い世界を持つ沖縄音楽。美しい島々の風景、おおらかでやさしい人々、そしてそれらと相反するように横たわる大規模な軍事基地と環境破壊問題...それらをふまえた上で、魅力的な沖縄音楽を紹介するコンピレーションアルバムがシリーズで同時発売となりました。

コンピレーションCD「こどもたちへ贈る沖縄の歌① 花」(音楽センターCCD898)
CCD898_Flowers_web.jpg

収録曲
1. ティンサグの花(沖縄民謡/普天間かおり 歌)
2. 花(喜納昌吉 作詞・作曲/寿[kotobuki] 歌)
3. 赤田首里殿内(首里のわらべうた/寿[kotobuki] 歌)
4. 西原ぬ子守唄(宮古民謡/垣花暁子 歌)
5. えんどうの花(金城栄治 作詞/宮良長包 作曲/垣花暁子 歌)
6. ちんぬくじゅうしい(朝比呂志 作詞/三田信一 作曲/嵯峨美雅子 歌)
7. 豆が花(宮古民謡/下地暁 歌)
8. 漲水の声合(宮古民謡/下地暁 歌)
9. 豊年節(奄美民謡/RIKKI 歌)
10. 福々(川門正彦 作詞・作曲/川門正彦 歌)
11. めんそーれ沖縄(金城賢 作詞・作曲/島幸子 歌)
12. 月ぬ美しゃ(八重山民謡/大城蘭 歌)
13. 黒い雨(佐原一哉 作詞・作曲/古謝美佐子 歌)
14. 六調 八重山・奄美〜唐船どーい(八重山民謡・奄美民謡/大工哲弘・RIKKI with 築地俊造 歌)
15. 安里屋ユンタ(星克 作詞/宮良長包 作曲/大工哲弘 歌)

制作者(担当M)自ら、聴きどころなどを解説させていただきますね。(この場をかりまして楽曲提供していただきましたアーティストの皆様に御礼申し上げます。)

まず1曲目を飾るのが、普天間かおり「ティンサグの花」。なんとデビューアルバムからの音源を提供いただきました。聴いていてどこまでも気持ち良い張りとふくよかさを感じるボーカルで、一気に沖縄世界へいざなってくれます。2曲目の喜納昌吉の「花」は男女二人組デュオ、寿[kotobuki]のバージョン。数あるカヴァーがある名曲ですが、その中でも1、2位の出来ではないでしょうか?
5曲目は沖縄の冬の情景をうたった垣花暁子「えんどうの花」、シンプルなメロディがいつまでも心に残る一曲。7曲目の「豆が花」は、民謡を大胆にハウス風にアレンジした下地暁のナンバー。少し重めなビートにDrum 'n' Bassのエッセンスを散りばめながらも、伝統楽器をきちんと配し独特な島唄サウンドを作り上げています。8曲目、「豊年節」もクラブ風のビートに三線、そして島唄から「ファイナルファンタジーのテーマ」までこなす(!)RIKKIのボーカルがソウルミュージックのようにフィーチャーされたクールなナンバーです。
アルバム後半には、ハワイアン風の11曲目、島幸子「めんそーれ沖縄」、スロージャズアレンジが美しい12曲目、大城蘭「月ぬ美しゃ」と女性ボーカルによるメローなナンバーが続きます。
13曲目には、古謝美佐子「黒い雨」。古謝美佐子さんの自らの生い立ちと家族、米軍基地そして平和への願いを切々と歌った、いつまでも心に染みる一曲です。
そしてアルバムの締めには、大工哲弘「安里屋ユンタ」。誰でも知っている曲と思いますが、オーガニックなロックバンド風のアレンジのものをセレクトさせていただきました。出来れば野外で聴きたい最高に気持ちの良いナンバーです。


あと今回のアルバム、曲だけでなくパッケージも頑張りまして、フォトグラファー小野岳也氏とデザイナーのパオリ陽子氏により、すばらしい紙ジャケットパッケージをつくることができました。外側だけでなく中の歌詞カードやCDレーベルも美しい仕上がりになっていますので、ぜひ手にとっていただればと思います。

ということで、制作者自ら自画自讃(^^;)のご紹介になってしまった感ありますが、いい曲ぎっしりでプレゼントにも最適なパッケージの自信作ですので、ぜひ聴いていただけばと思います。

--

コンピレーションCD「こどもたちへ贈る沖縄の歌① 花」
ご購入はこちらから

Amazon.co.jpでもご購入できます。
こちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。