So-net無料ブログ作成
検索選択

東北のうたごえ・北海道合唱団「ふるさとの山影」 [合唱]


久々の更新になります。
本日は、音楽センターが長く取り扱い続けているジャンルのひとつでもある『合唱』のCDを紹介したいと思います。

--

2011年3月11日の東日本大震災から一年、被害に遭われた方もそうでない方も、多くの悲しみや思いを感じ過ごされてきたと思います。失われた尊い人命や町や生活、同時に発生した原発事故によって分断された家族・地域…

多くの方がさまざまな思いを噛み締めた2012年3月11日深夜、あるラジオ番組で「青葉城恋歌」「松島紀行」など被災地東北に由来する数々の曲のひとつとして、一曲の合唱曲がオンエアされました。それが東北のうたごえ合同の合唱による「ふるさとの山影」です。

東北のうたごえ・北海道合唱団「みんなでうたうロシアの歌 ふるさとの山影」(音楽センター CCD896)

4523810003536.jpg

このCDは東北・北海道の各地域で活動する合唱団が、震災後に合同で開催したレコーディングを兼ねたコンサートをCD化したものです。

そもそもこのCDの企画は、震災前からあるものでした。東北と北海道で活動するいくつかの地域合唱団では長くロシアの歌が愛唱されている伝統があり、CDにして多くの方に紹介するという企画が以前からから持ち上がっていました。企画がまとまり、レコーディングの段取りがなど準備が整った矢先に大震災に遭ってしまったのでした。

このCDに参加する多くの合唱団員が被災者となり、「今は合唱どころではない」という状況のもある中、多くの困難を乗り越えて岩手・北海道でのレコディーングコンサートの開催にこぎつけ、完成したのがこの作品です。

ラジオ番組(NHKラジオ深夜便)でもオンエアされた一曲目「ふるさとの山影」は、もともとはロシア民謡「ジグーリ」として知られている曲で、仙台を拠点に活躍している音楽家・小林康浩さんが今回のために新たに訳詞とアレンジを手掛け、東北のうたごえ合同の素晴らしい演奏とともに感動的な合唱作品として新たな「命」を吹き込まれた一曲となりました。

その他にも、「赤いサラファン」「鶴」「灯」など日本人にもなじみ深いロシアのうたが、心の籠った美しい合唱と小林康浩のピアノ、またゲストに新世代のアーティストとして注目を集める北川翔(バラライカ)、大田智美(アコーディオン)により、感動的な一枚となっています。

■収録曲
1.ふるさとの山影(作曲:モクロウソフ/日本語詞:小林康浩/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:東北のうたごえ合同)
2.赤いサラファン(ロシア民謡/訳詞:津川主一/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:北海道合唱団)
3.鶴(作曲:フレンケリ/訳詞:坂山やす子/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:北海道合唱団)
4.誰が知ろうか(作曲:サハロフ/訳詞:中央合唱団/編曲:小林康浩/女声合唱/演奏:北海道合唱団)
5.母なるヴォルガ(ロシア民謡/訳詞:吉田秀和/編曲:小林康浩/男声合唱/演奏:北海道合唱団)
6.しずく(作曲:マクシモフ/日本語詞:木内宏治/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:北海道合唱団)
7.行商人(ロシア民謡/日本語詞:北川剛/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:北海道合唱団)
8.ぐみの木(ロシア民謡/訳詞:カチューシャ/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:秋田のうたごえ)
9.灯(ロシア民謡/訳詞:楽団カチューシャ/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:岩手のうたごえ)
10.仕事の歌(ロシア民謡/訳詞:大胡敏夫/混声四部/演奏:福島のうたごえ)
11.街のざわめきも聞こえず(ロシア民謡/訳詞:飯塚広/編曲:小林康浩/女声合唱/演奏:青森のうたごえ)
12.泉のほとり(作曲:ノヴィコフ/日本語詞:斉藤範雄・滝口浩直・きむらいずみ/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:山形のうたごえ)
13.黒い瞳(ロシア民謡/日本語詞:小林康浩/編曲:小林康浩/混声四部/演奏:宮城のうたごえ)
14.平和の歌(作曲:ショスタコーヴィチ/日本語詞:合唱団白樺/編曲:小林康浩/男声合唱/演奏:東北のうたごえ男性合同)
15.つばめ(アルメニア民謡/訳詞:中央合唱団/編曲:小林康浩/女声合唱/演奏:東北のうたごえ女性合同)
16.アムール河の波(作詞:K.ワシリエフ/S.ポポフ/訳詞:合唱団白樺/作曲:M.キュッス/編曲:V.サカロフ/混声四部合唱/演奏:北海道合唱団)

編曲・監修 小林康浩
指揮 井澤明宏(No.2〜7,16)
山本忠生(No.8〜12,14)
小林康浩(No.13)
ピアノ 小林康浩(No.1〜12,14〜16)
上野華純(No.13)
バラライカ 北川 翔 (No.2,3,7,16)
アコーディオン 大田智美(No.5,7,16)
レコーディング 札幌コンサートホールキタラ小ホール(2011.5.15)(No.2〜7,16)
滝沢村ふるさと交流館チャグチャグホール(2011.7.2)(No.1,8〜15)
ミックス・ダウン フリーダムスタジオ(2011.7.6,7)

大震災から一年たちましたが、被災地は「復興」と呼ぶにはほど遠い状況が続いていると聞きます。簡単に「絆」という言葉を使うのも(個人的には)疑問を持ちます。そんな中で、この合唱のように思いの詰まったものに触れたとき、その深い悲しみと愛をほんの一部ですが感じ共有することができ、心の奥に響くということとだろうと思います。うまく文章にすることができなく申し訳ないのですが、それが私たちの次の行動の羅針盤になるような気がします。

追伸になりますが、大震災で亡くなられた方々のご冥福を改めてお祈りするとともに、被災された方々の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

--

東北のうたごえ・北海道合唱団「みんなでうたうロシアの歌 ふるさとの山影」(CD)
ご購入はこちらから

また、合唱用の楽譜「みんなでうたうロシアの歌 ふるさとの山影」も発売しています。
ご購入はこちらから
(音楽センターのホームページよりお買い求めいただけます)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。