So-net無料ブログ作成
教育・保育のうた ブログトップ

CDブック「リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング1〜4」 [教育・保育のうた]


担当Mです。今回も音楽センターが出版しているCDブック紹介したいと思います。

--

最近、リコーダーアンサンブルグループ「栗コーダーカルテット」の作品がTVやラジオで耳にする事が多くなり、ちょっとブームとなっていますが(何を隠そう自分もファンです)、当音楽センターからもリコーダーとけんばんハーモニカのアンサンブルの作品が4タイトル出版されていますので、ぜひとも紹介させていただきたいと思います。

CDブック「リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング」(金井信・柳沢里実/著・演奏)
リコーダーけんばんハーモニカ.jpg

ちょっと長いタイトルですが、実は本当はもう少し長くて(^ ^;)、「CDブック クラスでつくる楽しい合奏① リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング」です。

この作品は小学校などで使用するための教材として、楽譜やリコーダー・けんばんハーモニカの演奏のアドバイスなどを掲載した本に、演奏のCDがついているものです。このCDは、このシリーズを著作監修した金井信さんと柳沢里美さん、そして柳沢久実さんが実際に演奏したものを収録しています。そして何より、このCDが単なる教材や演奏の手本というものを超えて、実に素晴らしいリコーダー・けんばんハーモニカのインストゥルメンタルになっているので紹介させていただきました。

選曲は、音楽の教科書に載っているような「きらきら星」「春の小川」のような曲から、アニメのテーマ曲、さらに「涙そうそう」や「カントリーロード」のような大人も好きな曲まで、幅広いジャンルにわたっています。そして、金井信さんの美しく洗練された(ときどきノリノリ!)のピアノ伴奏に、日本を代表するクラシカルリコーダーデュオの柳沢里実さん・柳沢久実さんの美しい音色が心地良く心に響く最高の演奏となっているのです。

担当Mおすすめの楽しみ方としては、このCDをBGMにしたり(何となく朝食に合うと思いますよ)、さらには本には楽譜がありCDにはほとんどの曲に金井さんのピアノ伴奏だけのトラックが収録されていますので、リコーダーで実際に合わせて演奏してみるというのがおすすめです。難しい曲は無いのでどなたでも楽しめると思います。(一人でもいいですが、ご家族や仲間でアンサンブルするとさらに楽しいです。)

■収録曲
きらきら星(フランス民謡)
森のくまさん(アメリカ民謡)
さんぽ(作曲 久石譲)
春の小川(作曲 岡野貞一)
たんぽぽ(作曲 堀越浄)
たなばたさま(作曲 下総皖一)
里の秋(作曲 海沼実)
きよしこの夜(作曲 F.グルーバー)
明日があるさ(作曲 中村八大)
涙そうそう(作曲 BEGIN)
いつも何度でも(作曲 木村弓)
世界に一つだけの花(作曲 槇原敬之)
ハッピー・アイランド(作曲 金井信)
エーデルワイス(作曲 R.ロジャーズ)
茶色の小びん(作曲 J.ウィナー)
パフ(作曲 ヤーロウ,L.リプトン)
カントリー・ロード(作曲 B.ダノフ,T.ナイバート,J.デンバー)
オーラ・リー(作曲 G.R.プールトン)
威風堂々 第1番より(作曲 エルガー)
小さな世界(作曲 シャーマン兄弟)

--

前述しましたとおり、このシリーズ好評をいただきまして第4巻まで出版させていただいています。音楽センターHPより入手できますので、ぜひ聴いて演奏して楽しんでみて下さい。
リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング1
リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング2
リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング3
リコーダー・けんばんハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング4

また、各配信サイトでも2012年1月頃から順次配信販売もされます。こちらもお楽しみにして下さい。
nice!(0) 
共通テーマ:音楽

CDブック「合唱構成 ぞうれっしゃがやってきた」 [教育・保育のうた]

担当Mです。また久々になってしまいましたが、更新させていただきますm(_ _)m

今回は音楽センターが力を入れているテーマのひとつ[教育・保育のうた]のシリーズから、「平和」や「いのちの大切さ」を伝えるCDブックをご紹介したいと思います。

--

CDブック「合唱構成 ぞうれっしゃがやってきた」(こどもの合唱版)

ぞうれっしゃbook.jpg

「ぞうれっしゃがやってきた」は第二次世界大戦〜戦後にかけて名古屋の東山動物園で実際にあった出来事をもとにした小出隆司原作の児童文学作品に、清水則雄が作詞、藤村記一郎が作曲し1986年に初上演された音楽劇です。この舞台は大きな感動と反響を呼び、全国各地で制作上演され続けています。

そして、このCDブック「合唱構成 ぞうれっしゃがやってきた」(こどもの合唱版)はピアノ伴奏と子どもたちだけで上演できるようにアレンジされた作品です。本には楽譜と解説、CDには子どもたちによる合唱と練習に使用できるピアノ伴奏のみのカラオケを収録しています。

担当も「ぞうれっしゃがやってきた」の公演を何度か観させていただいたことがありますが、藤村記一郎さんの素晴らしい作曲と見事なオーケストレーション、そして何より子どもたちのまっすぐなうたごえに何度も心を震わされる(ストーリーは知っているのに泣かされてしまう。。)、とても好きな作品です。

それが、今回は子どもたちだけでできるように(通常版では大人たちの合唱も大変重要な役割を持っています)キー(調)なども変えてアレンジされており、ピアノも簡単になっているということですが、実際に聴いてみても、その感動という点では全く遜色の無い作品に仕上がっていると思いました。というのも、担当またしてもストーリーは知っているのに泣かされてしまいしたから。。。

--

ということで、教育の現場に立たれている先生や父母の方々だけでなく、この作品が好きだという方やまだ知らない方も、ぜひこのCDブックで感動と“ぞうれっしゃの想い”をいつまでも伝えていただければと思います。

ご購入はこちらから
(音楽センターのホームページよりお買い求めいただけます)

また、2011年12月上旬より各ダウンロードサイトより配信もいたしますので、ぜひそちらでもご試聴・購入下さい。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
教育・保育のうた ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。